健康でいたいなら、病院で検査を受けたり生活習慣を見直したりしよう

注意したいこと

日常生活での注意すべきこと

ハウスダストや花粉などが鼻の粘膜につき刺激を受けることで鼻水やくしゃみなどの症状がでてしまうのが、アレルギー性鼻炎です。鼻づまりで眠ることができない、鼻水やくしゃみで仕事や勉強に支障をきたしてしまう恐れがありますので、できるだけ症状を軽くしたいです。完治は難しいですが日常生活を少し注意することで症状は軽くできます。まずハウスダストの除去することにより症状を軽くすることができます。室内は毎日掃除をするようにこころがけ、寝具はこまめに日光に当て乾燥させることが大切です。防ダニようの寝具が売られているのでそれを使用するのも一つです。また花粉を避けることも大切です。衣類はできるだけ花粉がつかないように外干しを避けるようにします。布団も花粉が飛散する時期は外干しを避けて乾燥機をうまく使うことで、アレルギー性鼻炎を少し出も楽にすることができます。

アレルギー性鼻炎の治療法とは

日常生活を気をつけることで症状を軽くすることができる場合もありますが、それでも症状が治まらない場合には治療という手があります。病院で取られている治療法としては、薬物療法・特異的免疫療法・手術療法があります。薬物療法は最も一般的に行われている治療法で、抗アレルギー薬やステロイド薬、自律神経採用役などの薬を使ってアレルギー性鼻炎の症状を改善していくものです。薬でもアレルギー性鼻炎の症状を抑えることができない場合には、特異的免疫療法といわれる治療法が取られます。アレルギーの原因となっている物質を皮下注射などで取り込み、徐々にその量を増やしていくことにより免疫機能を高めていくものです。それでも改善されないまた鼻腔の形に異常がある場合などには手術療法が取られます。鼻の粘膜にレーザー照射したり、鼻の粘膜を切除するなどの治療が行われます。

↑ PAGE TOP