健康でいたいなら、病院で検査を受けたり生活習慣を見直したりしよう

人気なドックとは

心臓に特化している人間ドックとは何か

人間ドックは、早期に病気を発見したり、病気になるリスクを把握することことができる大切な検査です。健康に暮らしていくためには欠かせない存在といえます。近年では、いろいろな種類の人間ドックがあります。たとえば、レディースドック、脳ドック、がんドック、心臓ドックです。この中でも、日本人の死因第2位の心臓病を未然に発見できる心臓ドックは人気を集めています。 心臓ドックでは、全身の動脈硬化の度合いをチェックして、心筋梗塞などの重篤な病気を未然に発見することができます。検査方法は、心電図や胸部X線、最新鋭の冠動脈CTなどがあります。 心臓病になりやすいのは、高血圧、糖尿病、喫煙をされる方などがあげられます。これらに当てはまる方は、心臓ドックを一度受診してみたほうがいいです。

心臓ドックを受ける上での注意すべきこと

人間ドックでは、正しい検査結果を得るためにいくつかの注意点があります。それは、人間ドックの検査当日は薬の服用を中止する必要があることです。体調が悪いからといって風邪薬を飲んだり、生理痛だからといって痛み止めの薬を気軽に飲んではいけないということです。しかしながら、病気によっては服薬中止が危険な状態を招くこともあります。たとえば、糖尿病の方は薬を飲まなければ、体が重篤な状態になってしまう可能性が高いです。そういう場合は、自分で勝手に薬の服用をやめずに、あらかじめ人間ドックの担当医に相談することが肝心です。 その他の注意点は、着替えのしやすい服装でいくことです。やはり服を脱ぐ機会が多いので、ボタンがたくさん付いている服や女性の補正下着は控えたほうが良いです。

↑ PAGE TOP