健康でいたいなら、病院で検査を受けたり生活習慣を見直したりしよう

病気について知ろう

気になる更年期の時期

更年期とは、女性の閉経を挟んだ、前後の約10年位の時期を指します。エストロゲンと言う女性ホルモンの分泌量が、30代半ばをピークに徐々に卵巣の機能低下により減少します。そして、40代を過ぎたころから急激に減るため、この変化に体がついていけずに起こる症状が出る時期のことです。 一般的に50歳前後で更年期を迎える人が多いようですが、初潮を迎える時期が違うので、個人差があります。最近では、30代の更年期に入る時期には早い年齢でも症状を感じる、若年性更年期の人も増えています。 また男性も更年期障害があると言われています。男性は男性ホルモンの減少によるものだと言われています。 では更年期の症状とはどのようなものがあるのでしょうか。

よく言われる症状とは

更年期の症状は個人差があります。まったく症状に気がつかずに時期が終わってしまう人もいれば、日常生活に支障をきたすほど症状が現れる人もいます。一般的に、良くみられる例として、顔がほてったりのぼせたり、めまいやむくみ、暑くないのに汗を大量にかいたりという症状が挙げられます。肩こりや腰痛、便秘なども言われています。 体の変化ばかりじゃなく、精神的に、イライラしたり不安になったり、良く眠れなかったり、やる気が出なかったりする精神的な変化も言われています。 ただ、50歳前後は年齢的に体の変化が現れる時期なので、このような症状が出たら、更年期と決めつけがちですが、他の病気の可能性もあります。自己判断はせず、まずは病院で診察を受けることをお勧めします。

↑ PAGE TOP